日本ではタミフルは最も一般的なインフルエンザ治療薬として知られています。タミフル世界使用量75%で1位の日本ではポピュラーな薬です。こちらではそんなタミフルの気になるあれこれを紹介していきます。

タミフルの情報について紹介する女性

タミフルを使用しての熱が下がる治療方法とは

タミフルを投与することにより、インフルエンザに関する諸症状に関して効果が見られます。そのため、インフルエンザの治療方法として用いられることが多く、投与することで、熱が下がる、倦怠感がなくなる、といった効果を得ることができます。また、タミフルは予防薬としても使用されることがあります。
インフルエンザは秋から春先にかけて流行するウイルスによる感染症です。風邪のように体を温かくしただけでは治ることが難しく、自然治癒の場合にも1週間ほど時間がかかります。
ウイルスも強いため、高熱や頭痛が起きやすく、倦怠感や関節痛のため、起き上がっていることや日常生活を送ることは困難になります。また抵抗力の弱い高齢者や妊婦、小さな子供の場合は、インフルエンザ脳症などの重い病を併発することがあります。
症状を軽減し、早期に体力を回復する為に、タミフルは使用されます。
タミフルは内服薬で、錠剤とドライシロップがありますが、10代の子供には原則使用が禁止されています。これは、飛び降りや奇声を発するなどの異常行動が見られるためです。ですが、異常行動はタミフルだけでなくリレンザを使用した場合にも起こるため、インフルエンザウイルスそのものが原因になっていることがあります。
タミフルは服用すると2日ほどで熱が下がるといった状態になります。熱が下がるため、体の自由がきき、、部屋の中を歩き回ることもできます。
ですが、タミフルはインフルエンザウイルスを細胞の中にとどめているだけなので、タミフルの服用をやめてしまうと、再びウイルスが活発化し、発熱や倦怠感を感じるようになります。5日間は服用するように指示されるので、きちんと飲みきることが大切です。